詳細

     

ついに登場した小児呼吸器画像診断の明解な指針!
小児ならではの特異性や読影の要所をわかりやすく解説!

 

明解 画像診断の手引き
小児呼吸器領域編

監修:森川昭廣 群馬大学大学院医学系研究科小児生体防御学教授 
著者:川崎一輝 国立成育医療センター呼吸器科医長 
   望月博之 群馬大学大学院医学系研究科小児生体防御学講師

判型:A4判
頁:120頁
発行年月:2006年3月下旬発行
定価:2,700円(本体)+税
ISBN978-4-86102-067-4 C3047(ISBN4-86102-067-0)
在庫あり

   

内容紹介

 ご好評を頂いております国際医学出版(株)の定期刊行誌「明解 画像診断の手引き/呼吸器領域編」の中の特別シリーズ「小児呼吸器領域編」(2004年2月〜2006年2月)を1冊にまとめた単行本です。
 小児診療において、胸部X線検査は避けて通ることができません。 しかし、これまで小児呼吸器の読影は、とかく難しいといわれてきました。本書では、小児ならではの特異性や読影の要所をわかりやすく解説しています。
 症例数70例以上、鮮明な画像約220点、読影ポイントがわかりやすい矢印表示、わかりやすい対話形式の文章スタイルによる丁寧な指南書として、現場の医療、教育ともにご利用いただくことができます。

本書の構成&執筆者

第1章 総論:小児の特異性と正常画像
●川崎一輝・望月博之
  撮影条件(呼気・吸気, 正しい姿勢, 適正線量ほか), 異常と誤りやすい正常画像例を丁寧に解説
  
第2章 感染症-1:細菌性肺炎, 肺結核 
●川崎一輝・肥沼悟郎・松本 務 
 細菌性肺炎(ブドウ球菌, モラキセラほか), pneumatocele, 円形肺炎, 肺結核の画像に強くなる
  
第3章 感染症-2:ウイルス性肺炎, マイコプラズマ肺炎ほか
●望月博之・村松礼子 
 RSウイルス, インフルエンザウイルス, サイトメガロウイルス, マイコプラズマほかによる肺炎はこれでマスター
                  
第4章 先天異常:気管狭窄ほか 
●川崎一輝・前川貴伸・内山健太郎
 気管支狭窄, 肺の形成異常(片肺欠損, hypogenetic lung syndromeほか)を見落とさないために
  
第5章 新生児:RDS、MASほか 
●望月博之・大木康史・吉澤幸弘
 RDS(呼吸窮迫症候群), CLD(慢性肺疾患), MAS(胎便吸引症候群), 新生児肺炎, 胎児水腫を懇切に解説
  
第6章 腫瘤性病変:縦隔腫瘍ほか
●川崎一輝・菊池信太郎・小泉 沢
 縦隔腫瘍(気管支原性嚢胞, 神経節芽細胞腫ほか), 成熟奇形腫ほかに強くなる
 
第7章 アレルギー性疾患・免疫疾患:喘息、過敏性肺炎ほか
●望月博之・水野隆久
 喘息, UPI(通常型間質性肺炎), 夏型過敏性肺炎, PIE症候群ほか、重要疾患をマーク

第8章 嚢胞性肺疾患 
●川崎一輝・菊池信太郎・杉山 剛
  肺葉内肺分画症, CCAM(先天性嚢胞性腺腫様奇形)・気管支閉鎖ほかを見極めるために
  
第9章 追補 
●川崎一輝・望月博之
 第1〜8章の症例および疾患の追補に加え、ディスカッションも収録(胸部X線読影の上達法, ほか)

索引

INTERNATIONAL MEDICAL PUBLISHERS,LTD. All Rights Reserved.

セキュリティポリシー CLOSE